①設計の属人化 ②有識者の退職 ③アウトソーシングができない!
DX推進の障壁となる3つの課題を解決

設計ドキュメントがなくシステム全体の把握ができない、設計の属人化や有識者の退職、技術面の老朽化、システムの肥大化や複雑化、ブラックボックス化によってアウトソーシングできない状態になっている企業も少なくはありません。これらの課題は企業にとってDX推進の大きな障壁となります。

当社のレガシーシステムソリューションは、脱属人化を実現し、誰もがシステム構造を理解できる設計ドキュメントを生成します。また今まで困難だったアウトソーシングや技術継承も可能となり、DX推進の障壁となるレガシーシステムの課題を解決します。

お客様が抱える課題と要因

正しい設計ドキュメントが不足している開発現場では、さまざまな課題が発生します。

① 設計の属人化

  • 詳しい人に聞かないと修正できない
  • 詳しい人が多忙で時間がとれない
  • 設計ドキュメントがメンテナンスできていない

② 有識者の退職

  • システムを把握できる人がいない
  • ソースコードが複雑で理解に時間がかかる
  • 詳しい人が退職してしまい技術継承が困難

③ アウトソーシングができない!

  • 設計ドキュメントは変更差分しかなく変更経路も不明
  • 仕様変更時、過去の経緯をさかのぼり調査しなければならず時間がかかる
  • 新ハード/新OSに刷新したいが、設計ドキュメントがなく機能網羅が困難で実現できない

これら課題の要因は、すべて“設計ドキュメント” にあります

  • 要求仕様書は存在するが、設計書がそもそも作成されていない
  • システムの仕様変更や機能追加を繰り返すが、設計ドキュメントの更新が追いつかず設計ドキュメントの信頼性が失われている

課題解決のアプローチ:STEP1
ブラックボックス化されたシステムの見える化を実現
リバースエンジニアリングを活用し誰もがシステムの構造を理解できる
設計ドキュメントを生成します

正しい設計ドキュメントがないとさまざまな課題が生じるため、日新システムズではシステムの可視化が最も重要と考えています。
可視化とその効果は下記のとおりです。

既存設計ドキュメントの棚卸

⇒ 設計ドキュメントの過不足が把握できる

プログラム構造の整理

⇒ プログラムの設計および設計思想が明確化される

設計ドキュメントの生成

⇒ 言葉の定義を統一化し共通認識をもつことができる
  属人性が排除され、運用・保守が効率化されることでコストダウンできる

現状のシステムから仕様を把握し、設計ドキュメントを作成することでお客様のさまざまな課題を解決いたします。
また、将来的なシステム変更やリプレイス開発においても、資産の有効活用が可能になります。

 

課題解決のアプローチ:STEP2
規模と複雑度を計測し、設計・実装のボトルネックを分析
システムの設計から変更します

規模と複雑度の計測

⇒ ツールを使用し、コード規模・複雑度と、大まかな構成を把握
  ボトルネックとなっているポイントに当たりを付け、実際のソースコードを確認する

設計(実装)変更およびリファクタリング

⇒ コード解析結果をもとに、不要なコードの削除や設計の見直し、実装の変更を行う

お客様のご要望対応(機能追加・リプレイスなど)

⇒ ベースとなるシステムが整理され本来あるべき状態からお客様のご要望される機能追加、リプレイスに対応していきます。

 
 

事例紹介

“設計ドキュメント”が要因でDX推進の障壁となっていたメーカ様の事例をご紹介します。

  • 産業機器メーカ様事例:レガシー機器を知る有識者の退職が影響しメンテナンスができない

    ドキュメントの整備により誰もが理解できるシステムに変化

    詳細はこちら

  • コンシューマ向け縫製機器製造メーカ様事例:ドキュメント不足や属人化でシステムのメンテナンスができない

    ドキュメントの整備により開発のアウトソーシングが可能に

    詳細はこちら

設計ドキュメント生成の流れ

リバースエンジニアリングによる設計ドキュメントの整備の大まかな流れは下記の通りです。
お客様のご要望に合わせて柔軟に対応いたします。

システムの概要確認(NDA締結) システムの概要確認と合わせてNDAを締結
課題・ご要望の確認 弊社技術担当者がシステム詳細、課題・ご要望事項についてヒアリング
作業プロセスと生成する
設計ドキュメントの概要検討
弊社で検討した作業プロセスと設計ドキュメントの概要をご説明しお見積りへ
お見積り 共有いただいた情報とご要望からお見積り
ドキュメント詳細の整合 既存ドキュメントやソースコードを分析しお客様と内容整合
その際にお客様のご要望についても追加対応可能
※追加対応は別途費用
設計ドキュメント生成 ご要望に沿ったドキュメントを生成
ソースコードのリファクタリングなどのご相談も可能

対応言語

対応言語については、C・C++・VB・VC・ PLCラダーに対応しています。
その他言語についてもご相談の上、対応いたします。

 

強み

弊社は長年の開発実績と設計力を強みとし、お客様の設計ドキュメント生成の豊富な実績から最適なご提案をいたします。

35年を超えるシステム開発の実績に裏打ちされた技術力

⇒高い設計力を強みとし、お客様課題を分析して最適な内容をご提案

設計ドキュメント作成の豊富な実績

⇒一般製品向け組込みソフト~大規模制御システムまで設計ドキュメントを作成

 (※いずれもソースコードから設計ドキュメントを書き起こした内容になります。)