テスト自動化の導入効果がわからない!自動化はしているが非効率!
市場への価値提供を促進するテスト効率化サービスで課題解決

市場のニーズや取りまく環境が急激に変化するいま、開発サイクルが高速化され、いち早く市場提供するためにテスト自動化の重要性が増しています。

テスト自動化はいまや当たり前の時代になってきていますが、さらなる効率化を目指しさまざまな課題をおもちの企業様も少なくありません。

これから導入を検討されるお客様、さらなる効率化を検討されているお客様、さまざまな課題に対しテスト自動化サービスやそれらをとりまくテスト環境の最適化による効率化サービスを提供します。

現場が抱えるテスト課題

非効率なテスト、不安定な品質、納期遅延、テスト場所が制限され
在宅勤務体制がとれない

このような課題を感じていませんか?

  • 同じテストを繰り返し人の手で実施しているため非効率。
  • テストを行う人のスキルによってテスト品質が左右されるため、安定した品質を提供ができない。
  • 使用する機器の数が不足しておりスケジュールが遅れてしまう。
  • 装置の大きさや仕様の特性によって場所などのテスト環境が制限され、電力などのエネルギーや時間のロスが生じる。また、在宅勤務しなければいけない状況でも現場に行かなければならない。
  • 複数機器の同時操作や長時間の連続運転のテストをしなければならないが現実的にできない場合がある。

テスト自動化とテスト環境の最適化で課題解決

テストにおける課題を解決するため、当社はテストの自動化および周辺機器や設備などのテスト環境の最適化、大きくこの2つのアプローチ方法があると考えています。

① テスト自動化

すべてのテストを自動化することは難しいですが、下記のようなテストの自動化は有効です。

  • 必ず実施しなければならないテスト
  • 人の手ではタイミングを取るのが難しいテスト
  • ターゲットごとに動作パラメータが異なるテストや、合否判定のしきい値がターゲットごとに異なるテスト
  • 全ての機種で共通して実施する再帰テスト

② 周辺機器や設備などのテスト環境の最適化

実機が移動できないためテスト実施場所が限定される、機器が高価で必要数の準備が難しい、機器の操作に人手が必要などテスト環境の整備ができなければ、テストの効率は下がります。

テスト環境の最適化は効率化に大きく影響を与えるため、さまざまな周辺環境の準備をしておくべきです。

お客様の目的に適したテスト効率化を提案

当社のテスト効率化サービスは、テストツールの活用によるテストの自動実施や、シミュレータ・エミュレータによるテスト環境構築のスピードアップ、ハードウェア実機の用意が難しい場合への対応、さらには昨今のテレワーク環境への対応など、さまざまな要素を組み合わせた効率化を提案します。

  • テスト自動化 周辺機器のシミュレータ 動作再現シミュレータ
テスト自動化 【詳細】 ローコスト&難しいプログラム言語の習得不要!
オープンソースで構築するテスト自動化ソリューション。 製品仕様に適したテスト環境を提供します。
テスト環境の最適化 
周辺機器のシミュレータ 【詳細】
3Dシミュレータで動作を可視化!
実機レスのテスト環境で不具合を早期発見し、手戻り作業による納期遅延を防止できます。
テスト環境の最適化 
動作再現シミュレータ 【詳細】
実機テストの操作記録を活用し、確実な動作を再現!
周辺装置の動作タイミング情報も記録され、システム全体の再現確認ができます。
テスト環境の最適化 
制御装置の模擬化・仮想化
Coming Soon…