食の安心・安全に向けて 食品製造業界に必要なこと

食品製造業では、人手不足や品質管理、法令対応(HACCP、環境など)、労働環境の改善といったさまざまな課題を抱えています。食品工場や厨房の温度管理自動化、品質管理のための食品トレーサビリティ確保と見える化、厨房機器のネットワーク化など、お客様の課題を解決するご提案をします。

HACCP対応に必要な温度の記録や保管、その他のデータ管理を
低コストで簡単に実現できる無線でも途切れないIoT活用方法をご紹介

概要

日新システムズが提供する食品製造業向けソリューションは、食品製造業が抱える人手不足や品質管理、法令対応(HACCP、環境など)、労働環境の改善といった、さまざまな課題に対する解決手段をご提案しています。

温度管理ソリューション

食品製造業でHACCP対応や品質管理のために必要なこと、そのひとつが温度管理です。温湿度データやCO2濃度データを自動で取得するだけでなく、データ記録やグラフ表示などを一目で確認することができます。

自動で温湿度計測、記録により調理場の効率化

HACCP温度管理 CO2濃度監視

温度管理IoTプラットフォームは、各業務用厨房機器の温湿度、食材、調理後の中心温度を自動で記録できるソリューションです。

  • 工場、冷凍倉庫や厨房設備の温湿度データを自動で記録、見える化し労働環境の改善へ役立てることが可能
  • 芯温計で食材や調理後の中心温度の計測データを自動で記録
  • 人の手を介さず、冷蔵庫の温度を自動で収集し、過去データから現時点でのデータまで一目で確認が可能

セキュアな温度管理ソリューション

断電時のデータ自動復旧 記録データ漏えい防止

HACCP対応システムは、各機器の温度データを漏れなく連続的に保存するとともに、データを守るセキュリティの仕組みが必要です。日新システムズは、簡単・安全に、お客様の厨房機器をHACCP対応に変えるソリューションを提供します。

  • データベース機能搭載のゲートウェイにより、容易にIoT化を実現
  • 断電があってもデータを漏れなく記録し、タイムスタンプによりデータを自動復旧
  • 暗号化通信、暗号鍵を別サーバに保存することにより、記録データの漏えいを防止

トレーサビリティ

生産から消費まで必要に応じたポイントで情報を記録し、品質管理のための食品トレーサビリティ確保と見える化を提供します。

  • 温度管理だけではなく、工場内などのエネルギー管理や機器の状況なども一括でクラウド管理
  • 記録したデータを暗号化データベースやブロックチェーンで管理しデータの改竄を防止
    顧客が簡単にトレーサビリティの記録を閲覧可能

HACCP制度化の流れ

これまでも食品業界では、食品衛生法に基づくさまざまなガイドラインやマニュアルにより衛生管理に取り組んできました。
HACCPは国際標準化された衛生管理手法であり、現在すでに導入が義務化されている米国・EU諸国をはじめ、世界的に導入が進んでいます。香港やシンガポールといった食品の多くを輸入に頼る国では、HACCPが輸入条件にもなっており、輸出する側の食品事業者は対応が必須です。
日本国内では、2018年6月の食品衛生法の改正により2020年6月からHACCP義務化がスタートし、1年間の猶予期間を経て2021年6月に完全義務化となりました。

HACCPとは?

HACCPとは「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critical(重要)」「Control(管理)」「Point(点)」の略語で、食品製造における安全管理の規格です。食品の製造・出荷の工程において、微生物や異物混入の危害を予め予測・分析し、被害を未然に防ぐことを目的としています。
HACCP支援法の改正により日本政策金融公庫による金融支援も10年間延長するなど、HACCP対応への取組みが拡大しており、高度化基盤設備導入が進んでいます。