産業用オートメーションのためのリアルタイムミドルウエア

組み込み機器からクラウドまでを容易にIoT・M2M接続するミドルウェアです。 つなげる、見せる、保存する、知らせる等のM2M構築に必要な機能がすでにパッケージ化された商品です。

産業オートメーションのためのリアルタイムミドルウェア

MQTTクライアント

Azure IoT Hub、Amazon IoT、Google IoTを含む、MQTT IoTシステムへの接続に使用します。

MQTTブローカ

MQTTクライアントからデータを収集し、DataHubでサポートされている各種プロトコルを使用する既存システムとMQTTを統合します。

リモート設定

リモートからDataHubの設定を可能にします。

デスクトップWebView

Silverlightを使用しないデスクトップHMIツール

IPカメラサポート

Motion JPEGに対応、フレーム単位でデータポイント化を可能にします。

64bit対応(32bitは非対応)

産業データを最大限活用

Cogent DataHub は、複数のデータソースからデータを統合し、データのさまざまな利用方法を提供します。
汎用性、パワー、スピード、簡易性において、Cogent DataHub は産業オートメーション用システムインテグレーション製品として優れています。IoT システム構築をノンプログラミングで実現します。

多様なデータソースへ接続

OPC UA とClassic、クライアントとサーバへのリアルタイムな双方向通信、SQL データベース、Modbus スレーブ、Excel スプレッドシート、カスタムプログラム、Microsoft Azure IoT Hub、Google IoT、Amazon IoT Core、MQTT クライアントまたはブローカ、組込みシステムを接続します。

すべてのデータを統合

DataHub は、接続されたすべてのソースやプロトコルのデータを一つに統合し管理します。この統合されたデータは、DataHub がサポートするプロトコル(OPC UA、OPC Classics、Modbus、MQTT、DDE、TCP、ODBC、XML など)のクライアントから接続してデータ利用が可能です。