マルチホップメッシュネットワーク

Wi-SUN FANは、世界各国でスマートメータの標準的な通信プロトコルとして検討されており、大規模な実証が始まっています。
スマートメーター以外にも、設備管理、物流監視、防災システムなどさまざまなIoTの無線通信として活用されているWi-SUN FANをすぐに評価できる
USB基板と大規模実証向けの実証パッケージ製品を提供いたします。

製品・サービスラインナップ

Wi-SUN FAN搭載 USB基板、Wi-SUN FAN 実証パッケージはこのようなお客様に最適です。

Wi-SUN FAN搭載 USB基板
  • Wi-SUN FANを評価してみたい方
  • Wi-SUN FANを用いたシステムのデモンストレーションを行いたい方
  • 10台程度のWi-SUN FANシステムを使用したい方
Wi-SUN FAN 実証パッケージ
  • Wi-SUN FANを用いた大規模実証をお考えの方
  • Wi-SUN FANを用いたシステムの実運用をお考えの方

Wi-SUN FAN搭載 USB基板

概要

Wi-SUN FAN搭載 USB基板は、Wi-SUN FANを使用したい多くのニーズに応えるための汎用的なものです。
USB接続で給電と制御を行えるため、多くのデバイスと簡単に接続することが可能です。

チップアンテナ搭載タイプ

チップアンテナが標準搭載されており、
外部アンテナ不要でそのまま使用可能。
(外部アンテナも接続可能)

※外部アンテナは付属しておりません。

特長

microUSBによる接続

  • microUSBで電源供給とモジュールとの通信を行える、必要最低限の配線で多くのデバイスと接続が可能

Arduino,RaspberryPiとの互換性

  • Arduino, Raspberry Pi と互換性のあるPin Header を搭載しているためジャンパーワイヤ接続も可能

数台から1000台まで使える

  • 親機、中継機、子機と役割が変更できるため、数台での使用であれば基板のみでネットワークを構築可能。
  • 1000台での評価を行う際には、中継機、子機に割り当てることができるので評価から実証、運用への移行がしやすい。

利用例

Wi-SUN FANネットワークの確認

無線通信で重要な接続確認が可能
  • システムの開発が不要
  • Wi-SUN FANのネットワーク設定が簡単
できること
  • TCP/UDP通信によりターミナルでデータ送受信の確認
  • ネットワーク通信成功率の確認

センサデータ収集Wi-SUN FANシステム

2台~10台までのWi-SUN FANシステムの構成が可能
  • microUSB搭載のため多くのデバイスとの接続が簡単
  • Arduino, Raspberry Piと互換性のあるPin Headerを搭載しているためジャンパーワイヤ接続も可能
  • 双方向通信が可能
  • Wi-SUN FANのネットワーク設定が簡単
できること
  • 子機より取得したセンサデータをテキストベースで親機に送信し親機側で解析を行いセンサネットワークを構築
  • PCからマイコンへの操作・制御