ECHONET Lite認証の自動化
認証試験と申請書の自動作成でテスト工数削減

ECHONET Lite認証支援自動化テストツール「EW-ENET Lite Tester」は、ECHONET Lite規格適合性認証取得に必要なテスト全項目の自動テスト、認証申請書類に準じたフォーマットで試験結果のファイル出力などが可能なツールです。

おしらせ

Release N,P対応ミドルウェア・ツール リリース  

ECHONET Lite 最新規格バージョン「APPENDIX ECHONET 機器オブジェクト詳細規定 Release N,P」

特長

テストの準備と手間をトコトン減らす

  • 認証取得に必要なテスト全項目の実行プログラムを用意。自動テスト実行機能で、テスト作業の効率化がはかれます。

テスト結果を自動出力

  • 認証申請書類に準じたフォーマットで試験結果をExcelファイルへ出力。書類作成の手間を省きます。エラー発生時にはエラー内容を表示。

解析ツールとしても使える

  • 試験中のパケットを自動でキャプチャし、パケット解析ソフトで扱える形式へ出力することが可能。問題発生時の解析に役立ちます。

幅広いテスト対象機器

  • 対象はフルECHONET Lite機器であればどれでもOK。

機能

自動設定

  • 機器からの情報をもとに自動設定を行います。
  • ユーザ定義プロパティも検出して自動設定を行います。

ECHONET Lite規格 適合性認証(自己認証)試験を自動化

  • 煩わしい設定は特に必要ありません。

試験中のパケットをタイムスタンプ付ファイルに出力

  • 試験のエビデンスとして利用できます。
  • 不合格の原因解析に役に立ちます。

申請書の自動作成

  • 認証機関に提出できる形式で申告書を作成します。

こんなことでお困りではないですか -解決方法-

規格規定外の任意パケットの動作確認や自己試験では実施しないエラー試験を行いたい

→ 任意パケット送信機能により、フリーフォーマットで編集できますので、あらゆるパケットでの動作確認を行えます。

ユーザー定義プロパティの動作確認を行いたい

→ ユーザー定義プロパティのカスタマイズが容易に行えます。
→ カスタマイズ内容はデバッグ時、自己試験時の両方で利用することができます。

自己試験で不合格になる原因がわからない

→ 自己試験実行時のログとパケットをファイル出力することにより不具合の原因特定に役に立ちます。

製品のECHONET Lite規格認証を取得したい

→ 認証取得に必要となる自己試験の試験項目を網羅しているので改めて試験環境を構築する必要がなく、自動で申請書を作成することができます。